バイク保険の保険料

バイク保険の保険料は、等級によって違ってきます。日頃安全運転をしていれば等級は着実に上がっていき、ひとたび事故を起すと下がります。

通常は交通事故で保険を使うと、3等級ダウン事故として扱われます。しかし、災害などでバイクに乗っている人がどうしようもない事態で事故を起こしてしまった場合は、等級が1等級しか下らない一等級ダウン事故が適用される場合もあります。一等級ダウン事故は、等級すえおき事故とも呼ばれます。

また、等級がまったく下らないノーカウント事故もあります。ノーカウントで許されるのは、人身傷害保険や搭乗者傷害保険、ファミリーバイク特約やファミリーバイク特約などを特約として付けている場合です。一等級ダウン事故の場合は、次の年に事故を起こさなければ、保険料は翌年の1年間だけ上がります。ノーカウント事故の場合はカウントされませんから、等級に影響が出ることはありません。

ほかに、保険会社はさまざまな割引を導入することで、バイク保険の保険料を安くすることができるように工夫されています。単純に保険料を比較するだけでなく、どのような割引があるのかを調べておくことで、保険料を下げることができるでしょう。キレイモキャンペーン